3月の和風月名「弥生」サイコー!

「やよい」大好き!

3月の別名「弥生」が好きです。
和風月名(わふうげつめい)っていうのだそうです。

 

 

1月から順番に並べるとこんなカンジ。

  •  1月…睦月(むつき)
  •  2月…如月(きさらぎ)
  •  3月…弥生(やよい)
  •  4月…卯月(うづき)
  •  5月…皐月(さつき)
  •  6月…水無月(みなづき、みなつき)
  •  7月…文月(ふみづき、ふづき)
  •  8月…葉月(はづき、はつき)
  •  9月…長月(ながつき、ながづき)
  • 10月…神無月(かんなづき)
  • 11月…霜月(しもつき)
  • 12月…師走(しわす)

 

月の別名なのに「ナニナニ月」となってないのが気に入ってます。
月がついてないのは弥生(3月)と師走(12月)だけ。

 

「ツキがない」「ついてない」なんて、ひねくれた考え方はしません。
「ナニナニ月」なんてベタなネーミングを避けた「オシャレさん」なんです3月は。

 

弥生の語源もオシャレ

弥生の語源は、木草弥生い茂る(きくさいやおいしげる)。
冬を乗り越え、草や木がいよいよ生えてくる月だという意味だそうです。

 

おしゃれ〜。
師走(師が走り回るほど忙しい)より風情がありますよね〜。

 

やよい、サイコー!

  • 飯を食うなら、やよい軒
  • 土器作るなら、弥生式
  • 勝負するなら、弥生賞

ちまたには「やよい」があふれてますよね。
それに比べて4月の卯月なんて…。

 

漢字で「卯月」と出されたら、読めない人もいるんじゃないレベルですよね。
正解聞いても、ピンとこないし。

 

勝ったな!
4月に。

page top