3月生まれの棋士

応援したくなる!3月生まれの将棋の棋士一覧

誕生月別の将棋プロ棋士の数で4月生まれと8月生まれの18人についで多いのが「われらが」3月生まれの16人です。3月生まれの棋士には、どんな方がいるのでしょうか?

 

3月生まれの将棋のプロ棋士一覧

肩書はすべて調査時点(2019年1月1日時点)でのものです。

  • 郷田真隆 九段(17日生まれ)
  • 小林健二 九段(31日生まれ)
  • 日浦市郎 八段( 4日生まれ)
  • 橋本崇載 八段( 3日生まれ)
  • 浦野真彦 八段(14日生まれ)
  • 土佐浩司 八段(30日生まれ)
  • 松尾 歩 八段(29日生まれ)
  • 室岡克彦 七段(21日生まれ)
  • 石川陽生 七段( 5日生まれ)
  • 田村康介 七段(16日生まれ)
  • 勝又清和 六段(21日生まれ)
  • 村中秀史 六段(12日生まれ)
  • 八代 弥 六段( 3日生まれ)
  • 瀬川晶司 六段(23日生まれ)
  • 田中悠一 五段(14日生まれ)
  • 黒沢怜生 五段( 7日生まれ)

 

3月生まれの棋士に現役のタイトルホルダーはいませんが、王位、棋王、王将、棋聖のタイトル獲得歴がある郷田真隆九段がいます。

 

また、「ハッシー」の愛称で知られる橋本崇載八段も3月生まれ、実力者の松尾歩八段とともにタイトル戦への登場を期待したいところです。

 

若手注目株としては、八代弥六段と黒沢怜生五段が3月生まれ。
八代弥六段は朝日杯将棋オープン戦での優勝経験(藤井聡太七段が優勝した前年)があります。

 

この2人も近いうちにタイトル戦に登場してもらいたいですね。

 

将棋は子どもの頃から見たり、指したりしてるのですが特に応援している棋士はいませんでした。これからは3月生まれの棋士を応援してみようかなと思ってます。

 

4月生まれの棋士とのタイトル戦だと、見るだけでも力が入りそうですね。

page top