日本人メジャーリーガー(大リーガー)の誕生月は?

日本人メジャーリーガーは何月生まれが多い?

日本人メジャーリーガー(大リーガー)には何月生まれが多いのかを調べてみました。
野球関連だと3月生まれは少ないことが多いのですが、大リーガーの場合はどうでしょうか?

 

4月生まれが最多の9人、3月生まれは最小の2人

対象としたのは過去から現役まで57人の日本出身のメジャーリーガー。
誕生月別にすると次のようになりました。

 

誕生月人数割合
1月4人7.0%
2月5人8.8%
3月2人3.5%
4月9人15.8%
5月8人14.0%
6月6人10.5%
7月6人10.5%
8月4人7.0%
9月5人8.8%
10月2人3.5%
11月3人5.3%
12月3人5.3%

(2019年2月1日時点での調査)

 

多いのは4月、5月、6月と同学年の中で早く生まれた組ですね。

 

4月生まれ前田健太投手、岩隈久志投手、福留孝介選手など。
日本人初のメジャーリーが村上雅則氏は5月生まれです。

 

ちなみに、大谷翔平選手は7月生まれ(5日)。
同学年の中では早く生まれたほうに入りますね。

 

で、3月生まれはというと…、わずか2人。

  • 平野佳寿投手(3月 8日生まれ)【現役】
  • 大家友和投手(3月18日生まれ)

 

平野投手がダイヤモンドバックスと契約したのは2017年の12月なので、それまで3月生まれのメジャーリーガーは1人だけだったんですね。

 

コレだけ少ないと応援したくなってきますね。
現役なので応援できますし。

 

3月生まれなら、これからは平野投手に注目しましょう!

page top