3月生まれ応援サイト

生粋の3月生まれです(管理人からのごあいさつ)

予定日通りの3月26日に生まれてきた「生粋」の3月生まれです。

 

「初子は予定日より1週間ぐらい遅れることが多いから、4月生まれになって丁度いいね」なんて母の周りの人たちは言っていたそうですが、4月生まれになることなく、きっちり予定日にこの世に出てきました。

 

 

3月生まれの悲運

3月生まれで良かった
そう思えるようになったのは最近のこと。

 

学生時代は3月生まれ(早生まれ)は損だと思ってました。
新学期が4月に始まる日本では3月生まれって不利なんですよね。

 

小学校入学の段階での一年違いは大きいです。
「6歳になったばかり」と「もうすぐ7歳」ですからね。

  • 背の順はだいたい前のほう。
  • 学年別の平均身長、平均体重を下回る。
  • スポーツ、運動でも体格差で不利を受ける。

これが学生時代は続きます。

  • まだ、声変わりしてないの?
  • まだ、生えてないのかよ。
  • まだ、免許取れないの?

いちいちマウントを取ってくる4月生まれ5月生まれに腹が立ってましたね。
ただ、これが20代後半で逆転。

 

早生まれは損じゃない!3月生まれの逆襲

同級生では誰よりも最後まで20代でいられるのが3月生まれです。
20代だけじゃなりません、30代40代だって最後まで満喫できるのが3月生まれの特権。

  • もう、30歳?オッサン真っ盛りだね。
  • もう、40歳?やっぱり惑いはなくなるの。
  • もう、50歳?半世紀生きてるってスゴイね。

まだまだ」言ってたヤツらに、「もうもう」言ってやれるんですね。
もちろんシャレで言ってるんですが、それでも心のどこかに優越感があります。

 

このサイトは3月生まれとして楽しく生きていくために作りました。
3月生まれ以外の人は読んじゃダメ。

 

3月生まれの同志のみなさん、どうぞヨロシクおねがいします。

早生まれが活躍している分野は?

日本人金メダリスト、プロ野球選手、歴代首相、日本人ノーベル賞受賞者、騎手、棋士など各分野で活躍している人は何月生まれが多いのかをランキング形式にしています。

 

3月生まれ早生まれが活躍している分野もあります!
下記からチェックしてみてください。

 

page top